奈良県大和高田市 ドローンで公共施設の劣化調査

2020年6月8日

奈良県大和高田市の総合公園コミュニティプールにおいて、施設の劣化状況の確認・検査をドローン空撮によって行う実証実験を実施致しました。

株式会社ビーガルは奈良県大和高田市と連携し、Drone International Association ドローンパイロットが操縦するドローンにより施設の空撮を行い、足場を組むなどをしなければ容易に検査を行うことが出来ない施設上部の壁面や屋根、開閉式の稼働窓などを撮影し、同市による施設調査に協力させて頂きました。

ドローンでの施設調査は従来の検査方法に比べ手軽であるだけでなく、費用が約10分の1に抑えられることなどから、今後の実施拡大に向けて検証を進めていくとしています。

この施設調査の様子は、NHK や 奈良テレビ放送 などによって報道されました。

「NHK ドローンで建物の劣化状態を調査」
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20200608/2050004549.html

「奈良テレビ放送 大和高田市 ドローンで公共施設の劣化調査」
http://naratowa.jp/category/detail/index_nara.php?category_id=3&id=642656497187226721

Related post

  1. ドローンセミナースケジュール(2018年)

Facebook

アクセス

Drone International Association 事務局

(株式会社ビーガル内)

〒108-0073 東京都港区三田3-14-10 三田3丁目MTビル9階

TEL 03-6809-4804  FAX 03-6809-4805

PAGE TOP