[ソフトバンク] ドローンによる社会インフラの保全サービスを 2019年春から提供

ソフトバンク  プレスリリース より記事の一部を引用させて頂きます。
詳細内容は以下サイトをご確認下さい。
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20181107_01/

写真、動画引用 : ソフトバンク

 

ドローンによる社会インフラの保全サービスを2019年春から提供

~ドローンで撮影した画像を活用し、効率的な社会インフラの維持管理を実現~

 

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、産業や生活の基盤として整備された施設(以下「社会インフラ」)の老朽化対策として、ドローンによる社会インフラの保全を行う新たなサービスを開発し、2019年春から提供開始します。

橋梁や発電所、送電鉄塔、大型プラントなど、日本の社会インフラは、竣工から50年以上が経過する施設の割合が年々増加する一方で、少子高齢化や人口減少による保守点検要員のリソース不足などが課題となり、効率的なメンテナンスとともに長期にわたって維持管理ができる効果的な対策が求められています。

今後ソフトバンクは、生成された高精度の3Dモデルとセンシングデータの解析AI(人工知能)を組み合わせることで、さびや亀裂、ボルトの緩みや欠落、内部欠陥などを自動で検知し、点検業務をさらに効率化するサービスを開発します。

さらに、高精度な3Dモデルを活用したシミュレーションによる、災害発生時の被害予測や予防保全の実現など、社会インフラの長期的、戦略的なメンテナンス計画の策定を支援するサービスの提供を目指します。

 

携帯電話基地局での測定の様子

1. ドローンで基地局を撮影

2. 撮影した画像に高精度な位置情報を画面に付与

3. ドローンで撮影データから高精度3Dモデルを生成し、計測した画像からゆがみや傾きを確認

(距離誤差:1~5mm、角度誤差:0.04~0.56°)

社会インフラ保全サービスのイメージビデオ

 

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

関連記事一覧

  1. ドローンスクール講習(2018年6-11月)

Facebook

アクセス

Drone International Association 事務局

(株式会社ビーガル内)

〒108-0073 東京都港区三田3-14-10 三田3丁目MTビル9階

TEL 03-6809-4804  FAX 03-6809-4805

PAGE TOP